【美女木】日本のなんとなく卑猥なインターチェンジ100 その2


Gaikan_Bijogi_junction_001

大きな反響のありました卑猥なインターチェンジ名ですが、クズコンバレーのシンクタンク・KUZ総研のアナリストによれば、まだまだ指摘されているインターチェンジがあるようです。

追跡調査の結果を公表します。

 
・美女木
Gaikan_Bijogi_junction_001
これはかなりストレートな名前です。
ただの美女ではなく、木まで登場しています。
美女は、その木を使って一体何をしようというのか。
想像は広まる一方です。

 
・浮島
浮島換気口とANA_B747-400D
浮く、という字は何かと卑猥な方面に人間を導く力があるようです。そこに島がつくと、なにやら治外法権の様相を呈してきます。
ぽっかり浮かんだひょうたん島で、いったいどんなドンガバチョが行われているのか想像するに恐ろしいものがあります。

 
・生麦
Shuto_expressway_yokohama_park
生麦、生米、生卵。ナマシリーズの先頭を切るのが生麦です。すべてのナマは生麦から始まると言っても過言ではないでしょう。

 
・八潮南
Yashio-minami_interchange_for_Tokyo
潮というだけでもこみあげるものがあるのに、八回も一体、何があったというのでしょうか。
南という締め方も、またいいアクセントになっています。

 
・入間
Iruma_IC_toll_gate
何かがにゅるりと入る間、と捉えるクズコンバレーの若者が多いようです。

まだまだ、調査結果は続きますが、今回のレポートはここまでとなっています。

続報を期待しましょう。

 

 

クズコンバレーでは、書き手さん、その他、協力者を募集しております。お気軽にお声がけください。

 

■クズコンバレー Facebookページ Kuzbook

https://www.facebook.com/kuzcon

 

■クズコンバレー Twitterアカウント @kuzcon

https://twitter.com/kuzcon


カテゴリー: カス, 知恵, 考察 パーマリンク