【節分】半額恵方巻きを買う際の4つのコツ


恵方巻き
 
 
メリー節分。
どういうわけか、恵方巻きが半額で大量に売られるこの日。
クズコンバレーでは、各国から集めた恵方巻きが、重曹のスプレーをかけることで8掛けで売られ始めます。
クズコンバレーのバイヤーはプロの目で各国でタダ同然の恵方巻きを買い集めますが、素人の皆様は店頭に並ぶ半額恵方巻きを買うのが限界かと思われます。
そこで、バイヤー歴30年のベテランに、半額恵方巻きを買うコツをヒアリングしました。

 
・2割引になった頃から縄張りを主張する
半額恵方巻き市場は戦場です。
多くの鬼たちが、50%の割引率を求めて殺気を飛ばし合います。
定価→2割引→3割引→半額 と推移するシールの流れを、店内の客入りと在庫量によって把握し、2割引のシールが貼られるまでには、しっかりと自分のポジションを確保しましょう。

 
・シーラー(シールを貼る人)に色目を使う
値下げを牛耳るのは、バイヤーからはシーラーと呼ばれるシールを貼る店員です。
彼らは上からの指示で機械的に貼ることもあれば、小規模店舗だと店長自らがシーラーをやることもあります。
その店の特徴を見極めることが大事です。
彼らも人間なので、シールを貼る前からあまりあからさまに恵方巻きの前をふさぐと、へそを曲げてフェイントをかけ、先に刺身コーナーへ行く可能性もあります。
シーラーとはつねにアイコンタクトを交わし、無言のうちに仲良くなっておくことが必要です。

 
・子だくさんを装う
シーラーやライバルたちをうまくいなすためにも、たまたま恵方巻きを買いに来たら半額だった、という建前が必要です。
半額ゲッターではなく、恵方巻きを買いに来た善良なる顧客の前に、ライバルたちは無力です。
そのためには、子だくさんであるという演出が一番効果的。
妖怪ウォッチを身につけたり、架空であっても子供の名前をつぶやくなどすることで、子だくさんを装うことです。

 
・種類にはこだわらない
半額恵方巻きを前に、種類や銘柄にこだわることは命取りです。
迷っている間に、ライバルに奪われてしまいます。
半額のシールが貼られた瞬間、ポーカーフェイスのまま最短距離で恵方巻きに手を伸ばし、とにかくゲットすることです。
かるたクイーンやテレクラ王になった気分になるのがコツということです。

 
半額恵方巻きを獲得できるか、それは節分において最大限に幸福を左右します。
スポンジのように柔軟に、クリームのようになめらかに、ひとつでも多く恵方巻きを半額でゲットし、寒い時期のカロリーを確保しましょう。
ホール恵方巻きが5本もゲットできれば、冬は越せるはずです。皆様の検討を祈ります。

 

 

クズコンバレーでは、書き手さん、その他、協力者を募集しております。お気軽にお声がけください。

 

■クズコンバレー Facebookページ Kuzbook

https://www.facebook.com/kuzcon

 

■クズコンバレー Twitterアカウント @kuzcon

https://twitter.com/kuzcon


カテゴリー: お金, グルメ, ブーム, ライフハック, 知恵, 考察 パーマリンク