【宇宙平和】宇宙人と遭遇したときに、友好的な民族であることがわかってもらえる5つの動画



いかりや長介さんが亡くなって10年だそうです。

10年前まで想像もつかなかった変化が、日々起きています。

次の10年を考えたときに、最大限に予測の幅を広げておくのであれば、やはり宇宙人との遭遇です。

宇宙人はすでに多くの地球人と接触していますが、公式にはまだ未接触とされています。

そのため、宇宙人と初遭遇したときに、どのように振る舞えば、少なくとも好戦的な民族でないことがわかってもらえるかが、クズコンバレーでは議論の種になっています。

現状では、踊りを踊る、歌を歌う、絵を描く、などのノンバーバル(非言語)コミュニケーションが肝とされていますが、スマートフォンの普及により、動画を見せる、というのがひとつのキーになっています。

以下は、クズコンバレーのシンクタンク・KUZ総研がまとめた、少なくとも友好的な民族であることを示すにじゅうぶんな動画になります。

 
■ヤンヤン 林檎殺人事件 1978. 8

殺人事件という過激な言葉も、こんなファンシーな踊りにしてしまう、友好的な民族です。

 
 

■佐世保キャンディーズ(in 小値賀★UFO)

なんだかよくわかりませんが、すごい平和感です。UFOで来た異星人に対しても、これだけ友好的ということを示せるでしょう。

 
 

■おもしろい余興.mpg

>おもしろい余興と大好評でした!
親友のために笑いをストイックに追求した作品です。
入場から余興が終わるまで当日の映像も含めてアップしてます。
ぜひ最後まで見てください。

 
ということです。宇宙人の方にも、ぜひ最後まで見せてあげてください。なんとも言えない気持ちにはなるかと思いますが、とりあえず好戦的な人々でないことは伝わると思います。

 
 

■[結婚式][披露宴] 余興動画その1 (TOYOTA ドラえもん CM パロディ)

どうして地球人は結婚式にパロディをやってしまうのでしょうか、そしてその動画はこうも、赤の他人を受け付けない何かを発散しているのでしょうか。
とはいえ、決していきなり波動砲を打ってくることはしない、そんな安心感も醸し出しているのは間違いなく、このあたりは、KUZ総研も、総力を挙げて分析しているところです。

 
 

■秋田犬の気合の入ったおなら

たびたび、クズコンバレーに登場するこの動画。
犬と人間の関係性と、別の動物との親和性について、雄弁に語っています。

 
 

この記事をブックマークしておいて、もし、宇宙人に遭遇したら、順番に見せてください。
地球について、特に日本についてわかってもらえることが多いはずです。
 
しかし、それ以前に先方が好戦的な種族だった場合、瞬殺される恐れもあるので、注意は必要です。

 
クズコンバレーでは、ゴーストライターさん、その他、協力者を募集しております。お気軽にお声がけください。

 

■クズコンバレー Facebookページ Kuzbook

https://www.facebook.com/kuzcon

 

■クズコンバレー Twitterアカウント @kuzcon

https://twitter.com/kuzcon


カテゴリー: カス, 知恵, 考察 パーマリンク