【遠隔操作】日本語のどこか卑猥なIT用語100 – その7


なんということでしょうか。
日本語のIT用語は卑猥なものしかないのでしょうか。
こんなことでは、日本のIT産業はおかしな方向へ行ってしまうのではと危惧してやみません。

 
 

続報です。

 
 

 

■遠隔操作 ★★★★★

男のロマンです。無線ルーターと関係性が高いようです。
遠藤周作は関係ありません。
日本では、遠隔操作に関して不幸な冤罪事件も多発しており、公官庁の人権意識の低さを危惧する声がクズコンバレーからも聞かれております。

 
 

■変数 ★★

変な数。 数字なのにこみあげるものがあります。

 
 

■乱数 ★★★

乱れる数。 数が乱れる。 乱れてしまっている時点でかなりのものがあります。

 
 

■日立 ★★★★★

どういうわけか、西海岸のほうではHITACHIというと別の意味合いを持つそうです。

 
 

■遅延 ★

遅延は男女関係を乱れを呼ぶ重要なファクターなようです。

 
 

■外付けHDD  ★★

外、中、という区切りが、なにがしかの意味合いを持つようです。

 
 

■統合開発環境  ★★★

複数で開発をするのに適した環境。
どんなお部屋なのでしょうか。

 
 

■フェッチ ★★★★

あなたは何フェッチですか?

 
 

■外注 ★★

世の中にはいろいろなチュウがあります。

 
 

■受注 ★★★

こっちのほうが音としてはなおさらです。
初めての●●、と続けるとなおよい響きとなります。

 
 

望む人はいませんが、まだまだ続きます。

 
 

【ゆるぼ】日本語のどこか卑猥なIT用語
http://yurubo.net/bo/2173

 
【開発】日本語のどこか卑猥なIT用語100 – その1

【結合試験】日本語のどこか卑猥なIT用語100 – その2

【静的リンク】日本語のどこか卑猥なIT用語100 – その3

【置換】日本語のどこか卑猥なIT用語100 – その4

【正規表現】日本語のどこか卑猥なIT用語100 – その5

【本番環境】日本語のどこか卑猥なIT用語100 – その6


カテゴリー: カス, 反省, 理由, 知恵, 考察 パーマリンク