【スティックはある】ホッケーのメダリストを志したけどパックがないときの8つの代用品



オリンピックを観て、これなら自分にもできるんじゃね?と思うクズコンバレー住民が増えています。

いい大人が身近なものでオリンピックごっこをする姿はなんとも苦々しいものがありますが、精神年齢が8歳のクズコンバレーでは四年に一度の日常ということで、黙認するほかありません。

中でも人気な競技のひとつがホッケーです。

勇壮な肉体がぶつかり合いながら、一点のパックを奪い合う様は魅力的です。

しかし、スティックまでは用意できても、パック屋さんまでは無いので、代用品の供給不足が深刻化しています。

そんな中で、特に人気な代用品が以下の通りです。

 
 
1. 今川焼き

最も支持されているのがこれです。
お手軽である、形が似ている、冷凍して使ったあとは解凍して食べられるというのが主な理由のようです。

昨今では、つぶあんだけではなく、中にはカスタードクリームやチョコ、マヨネーズとハムなどのバリエーションも増え、競技に多様性が増しているようです。

中には、鉛などを仕込む不正も発生し、解凍時に発覚してペナルティを受ける悩ましい事態も起きております。

 
 
2. リッツ

リッツは、開封前の段階では筒状に包まれています。
2/3 くらい食べると、ちょうどいい高さになるようです。
しかし、割れやすいため、スティックで打つさいに、ピッタリくっつけてから押し出すようにしなければならず、クズコンバレーのストリートには粉々のリッツが散らばってハトが大量発生し、人気は一時的なものとなりました。
結局は、イクラやゆでたまご、キャビアなどを乗せて立食パーティーに使われております。

 
 
3. バウムクーヘン

こちらもいちど冷凍が必須です。
競技後には当然、解凍し食べるわけですが、パサパサするため、運動後には向かないという声も挙がっており、盤石ではありません。

 
 
4. 養生テープ

食べ物でなくてもいい、ということに気づいた住民たちが目をつけたのが養生テープでした。しかしこちらも打っているうちにペリペリとはがれてきて、ストレスが溜まるようです。

 
 
5. 回転焼き

様々な呼び名でよばれるこの食べ物ですが、様々な地域から人があつまるクズコンバレーでは、この呼び名にこだわる住民も一定数おります。

 
 
6. ボタン電池

熟練してくると、パックを小さくして勝負したくなるようです。
多くの住民が時計や電卓を開けてボタン電池を取り出すため、時間や経理が狂い、都市機能が麻痺する事態が起きております。

 
 
7. SEX WAX

サーフィンをみがくワックスをこう呼びます。
名前に惹かれたのか、サーフィンなどしないのに買う住民が増えております。
夏はサーフィン、冬はホッケーというポーズを取りたいためにこの商品の売上が急増しています。
ただ、繰り返しますがクズコンバレーの住民はサーフィンはせず、サーフボードを磨くまでが限度です。

 
 
8. 月餅

様々な代替品を試した住民が最後に行き着いたのがこれです。
完成されたフォルムと、こしあんという安定した中身が、最も支持を集めた形となりました。おめでとうございます。

 
 

興味を持ったスポーツを、とりあえず試してみるのはいいことです。
誰でも、最初はそんなものかもしれません。
ただ、代替品は慎重に選ばないと、街中がゴミであふれてしまいます。上記を参考に、無駄なく選んでください。


カテゴリー: カス, 知恵, 考察 パーマリンク