【結合試験】日本語のどこか卑猥なIT用語100 – その2


 

クズコンバレーにおける日本語普及率の高さの謎に、前回に続きシンクタンクKuz総研が迫るこのシリーズですが、さらなる情報が集まり、パンク寸前となっております。

かなりの関心度の高さと、クズコンバレー住民の感受性を再確認するわけですが、実際に精査してまいりましょう。

 

 
■結合

結合するそうです。いったい何と何が?
カタカタをまじえればケツ合であり、なにやら複雑なことになってきます。

 

■結合試験

ただでさえわからない結合が、さらに試験されてしまうという恐怖。
ちゃんとケツ合されていないと得られない何かがあり、試験に不合格だと何かペナルティがという事実が、さらに想像をカキ立てます。

 

■強制終了

もはやバクシーシ山下監督作品のような四字熟語。
さまざまなアプリケーションを次々とシャットダウンし、とにかく強制的に終了へと持っていかれてしまう流れには誰も逆らえません。

 

■下請け

下、さらにウケということで、下請法ではもはや保護されない領域に達していることは明らかです。
クズコンバレーに下請法はありません。すこしでも労働環境が悪化するとその場でいなくなることが通常だからです。

 
■見積もり

蜜、そして、もり。そこはかとないエロスを感じます。
たいていの場合、人の欲望は見積もり通りにはいきません。

 

 

■上位互換

なんとも高貴な雰囲気の上位互換。
上位互換様の前では、われわれ下位互換は、ただひれふして靴をなめさせた頂くよう懇願するばかりで、何もさせてはもらえません。だが、それがいい。

 

 

■再起動

一度しんなりしてしまったパーソナルなCことPCが、ふたたびムクムクと電源、ハードウェアからOSに血を巡らせて勃ちあがるさまは、まさにたちあがれ日本であり、太陽の党であります。

 

■拡大/縮小

拡大したり、時に縮小するのも特徴です。
Macのショートカットキーでは、「command +」「command -」で表示が変わることが多いです。豆知識でした。

 

■展開

展開するということは、展な部分をご開帳ということで、いったいその中にはどんな拡張子が入っているのか想像もつかない… というわけで、次回は拡張子からです。

クズコンバレー住民の収まることを知らない妄想の世界が、IT大国日本の技術を蝕み、さらに女性が働きづらい就業環境になることを危惧してやみません。
 
 
【ゆるぼ】日本語のどこか卑猥なIT用語
http://yurubo.net/bo/2173

 

■ クズコンバレーでは、書き手さん、その他、協力者を募集しております。お気軽にお声がけください。 

 

■クズコンバレー Facebookページ Kuzbook

https://www.facebook.com/kuzcon

 

■クズコンバレー Twitterアカウント @kuzcon

https://twitter.com/kuzcon


カテゴリー: 知恵, 考察 パーマリンク