岐阜の人をいい気分にさせる12のコツ(前編)


クズコンバレーを歩いていると、よく岐阜出身の人が説教をしているところに出くわします。

輪中根性という美徳を持つ岐阜人は、他人に人の道を説くことが多いようです。

そんな正義感の強い岐阜人のこと、他人の不誠実が許せないのでしょう。

面倒くさがりが多いクズコンバレーでは、そんな岐阜人は、とりあえずいい気分にして、その場をやり過ごすというのが有効なようです。

そんなクズコンバレー住民が、岐阜人をいい気分にするコツをKUZ総研がリサーチしました。

 

1. 道の駅には特産品がいっぱい

岐阜県には多くの道の駅があります。そのどれもが、地元の特産品でいっぱいです。

まち針の針山のような道の駅分布図

岐阜に立ち寄った際には是非、足を運んでみてはいかがでしょうか。

 

 

 

2. 献血の話題

岐阜県では、「県内で必要とする血液は県内の献血で確保する」ことを目標に献血を推進しており

女A「今日私誕生日、献血しよう。」
女B「駅前に献血ルームがあるよ。」
女A「じゃあ、行こう。」

というCMを岐阜テレビで放映していたということもあり、献血に対する関心が異常に高いことが特徴です。

献血の話題をすると、岐阜人の誇りに火がつく方が多いようです。

 

 

3. アルプス

アルプスは、かなりプラスイメージをもった名前です。
日本アルプスが連なってていいところだね、と言っておけばたいていの岐阜人は悪い顔はしません。

 

 

4. 柳ヶ瀬ブルース

美川憲一の名曲の地としても岐阜の名は知られています。
メインストリート・柳ヶ瀬の名を出せば、岐阜人はイチコロです。

 

 

5. 都道府県で唯一、拡張子っぽい

47都道府県で唯一、拡張子の名前を冠しているのも褒めどころです。
.gifは一時代を築いた画像拡張子で、今でもgifアニメ等を中心に活躍しています。

 

 

6. 吐瀉物の名を関した唯一の温泉がある

その名によって巷間、取り沙汰されている名前の温泉を持っているのも、岐阜の強みです。

こうした痛みを乗り越えて、名所はあるのだということを知らしめてくれます。

 

岐阜のいいところをもっと汲み取って、優しい社会にしてゆくための取り組みが、まさに民間に根付いているのがクズコンバレーの特徴でもあります。

まだまだ寒いですが、なんとか岐阜に行く用事を作って、岐阜についての情報収集を欠かさないようにしてください。

後編 に続きます

 

【ゆるぼ】岐阜の人をいい気分にするコツおしえてください

http://yurubo.net/bo/2168

 

 

クズコンバレーでは、書き手さん、その他、協力者を募集しております。お気軽にお声がけください。

 

■クズコンバレー Facebookページ Kuzbook

https://www.facebook.com/kuzcon

 

■クズコンバレー Twitterアカウント @kuzcon

https://twitter.com/kuzcon


カテゴリー: 知恵, 考察 タグ: パーマリンク