【面倒】ブログの更新をさぼってしまっても、素知らぬ顔で再開する3つのコツ


illust1272

ブログの更新とは面倒なものです。

皆さん、よくやってるなと思います。

たとえば、毎日更新するぞ!と意気込んで周囲にも宣言したにも関わらず、今日はつい飲んでしまってこれ以上更新する気にならない…など。

ニュースで大きな事件を見て義憤にかられ、ブログで一言物申そうとパソコンを開いたものの、前日から開いていたxvideosのタブがそのままになっており、いつの間にか気力が失せてしまい気がつけば朝、あ、予備校行かなきゃ…なんてことは誰しも心当たりがあるかと思います。

さて、継続というものは中毒性で、いちど断たれてしまうと、そこでぱったりとどうでもよくなってしまうことがままあります。

しかし、それではあまりにもったいのうございます。

 

クズコンバレーでは、本エントリーを作成するために、実験的にここ一ヶ月ほど、更新を中断いたしました。実験の結果、非常に有意義な成果が得られ、Tipsにまとめることに成功いたしました。

 

ここでは、更新を中断したために更新しにくくなってしまったあなたのために、そしらぬ顔で更新を再開するためのコツをご紹介いたします。

1.    なかったことにする

中断したことなど、まったく無かったフリをする。これは基本です。

中には、「更新が遅れましてすみません」などとアポロジャイズする人がいますが、そんなアポロジャイザーは、世の中にとって害悪です。

誰のためのブログでしょうか。

そう、あなたのためです。

いや、ブログ業者のためかもしれません。

まあともかく、何事もなかったかのように、ブログの更新をすればいいのです。

書きたいことがあれば書き、面倒ならば面倒。それがあなた自身、等身大のメディアであり、それこそがブログメディアの本質でもあります。

読者としても、そんな等身大なアナタのブログが読みたいのです。

 

 

 

 

2.    たいしたこと書かない

ブランクが空いたときには、あまり意気込んで、長文など書かないことです。

競走馬でも、休養明けにあまり無理をさせるとケガをすることがあります。

また、車でも、冬場にエンジンが温まらないまま、スピードを出すと、なんかいろいろあって危ないという事実もあります。

それだけではなく、更新がない状態から、突然、長文になると読んでいる方も驚いてしまうし、中断していたことがバレやすくなります。

まずは肩の力を抜いて、スロースタートを気取ってください。

 

 

 

 

3.    忘れる

中断していたことを忘れましょう。

先に述べたように、ブログとはあなたのためのメディアです。

ということは、あなたが忘れてしまえば、その事実は完全に消滅したも同じことです。

ロボトミー手術までする必要はありません。ミョウガでもドカ食いして忘れましょう。

あなたが真面目な方であればあるほど、いちど中断したきっかけで、更新が止まってしまうことがあります。

それは実にもったいないことです。面倒なら休めばいいし、更新したければ毎分してもいいのです。あなたは誰に遠慮する必要もないということを忘れずに、適当なブログライフをお過ごしください。

 

 

クズコンバレーでは、書き手さん、その他、協力者を募集しております。お気軽にお声がけください。

 

■クズコンバレー Facebookページ Kuzbook

https://www.facebook.com/kuzcon

 

■クズコンバレー Twitterアカウント @kuzcon

https://twitter.com/kuzcon


カテゴリー: IT, カス, 仕事, 知恵 タグ: パーマリンク