【最近のKuzニュース】


007
クズブラーより、最近の気になるクズニュースをピックアップ。

 

朝日新聞デジタル:「カレーと金を出せ」 すき家に強盗未遂容疑、男を逮捕 – 社会

http://kuzcon.tumblr.com/post/21481970104

「カレーと金を出せ」 すき家に強盗未遂容疑、男を逮捕

 

 

 

 21日午前3時20分ごろ、東京都足立区扇2丁目の「すき家足立扇店」で、近くに住む自称とび職の男(57)が女性店員にカッターナイフを突きつけ、「カレーと金を出せ」と脅した。男性店員が非常ベルを鳴らすと、男は逃走。約300メートル離れたコンビニエンスストアで警戒中の警察官が西新井署に任意同行し、強盗未遂容疑で緊急逮捕した。男に所持金はなかった。

 同署によると、男は調べに対して「全く身に覚えがない。すき家に行ってない」と容疑を否認している。一方、捜査員から「腹は減っているか」と聞かれると「減ってるよ」と答えたという。店の防犯カメラには、この男に似た人物が映っていたとされる。

 

なんということでしょうか。

すき家に行っておらず、「腹は減っているか」「減ってるよ」の、何が問題なのでしょうか。

 

冤罪とスパイスのかおりがぷんぷんします。

腹が減って容疑者なら、貧乏人はみな容疑者です。

カレーと金、なんとも、人間味のあふれる要求ではありませんか。人間、カレーと金があれば生きて行けます。

 

この事件の一番のポイントは、言うまでもなく、店員がカレーだけ渡していたら犯人は納得して帰ったのだろうかという点であることは言うまでもありません。

 

腹が減っているかどうかは関係ありません。

 

金はないから、カレーだけやる、と言われカレーの袋をこぼさないようにぶら下げて退路につく犯人の背中を思い浮かべずにはいられません。

カレーは栄養であり、食事であり、ぬくもりであり、飲み物でもあります。

いわば、世の中にある金という価値以外の部分をすべて盛りこんでいます。

いま、人が何に飢えているのか、象徴的な事件であります。

 

クズコンバレーでは、書き手さん、その他、協力者を募集しております。お気軽にお声がけください。

 

■クズコンバレー Facebookページ Kuzbook

https://www.facebook.com/kuzcon

 

■クズコンバレー Twitterアカウント @kuzcon

https://twitter.com/kuzcon


カテゴリー: グルメ, ニュース, 知恵 パーマリンク