【お花見】無礼講として許される、3つの限度


fa1-2
無礼講。

甘美な響きです。

 

節電の世の中ですので、あまり使いすぎてしまうと落ちます。

皆さんの上司や先輩のブレーコーは、何アンペアーで落ちますか?

 

代々木公園、上野公園、名古屋城。弘前公園、鶴ヶ城公園、嵐山。我が国には実に多くの桜の名所があります。

そんな名所を、 血の海に変えないで欲しいのです。

 

無礼講とはいえ、人間としての限度というものはあります。

お花見の季節、ヘタをうって人生の桜も散らしてしまわないよう、ギリギリのラインを学んでおきましょう。

以下は、「あなたが許す無礼講ギリギリライン」アンケートによる、上位にあったものです。

 

1. 殴る

 

レバーブローなら目立ちません。

映画やドラマなどでは、演出上、派手に腕をふりまわして「コノヤロー!!!」といって殴り飛ばす描写がありますが、あれば間違いです。

 

普段から、いつかやってやろうと思っていた上司に、酔ったふりでしなだれかかり、「おっと」とばかりに肝臓にショートレンジかつ重たいやつを、音を鳴らさずに入れてください。

この際、気をつけたいのは、相手も泥酔しているタイミングを狙うことです。

相手が嘔吐したとき、酒のせいにできる上に、記憶も抹消できます。

 

 

2. 書類にサインさせる

 

有給申請などは可愛いものです。

思い切って、借用書デビューはいかがでしょうか。

春はチャレンジの季節です。

※借用書の書き方

http://format-ocoupy.writing-toranomaki.com/

 

コツは、「え、書いてましたよ?」と証言させる同僚もしくは部下を一人以上、確保しておくことです。

 

 

3. 追放する

 

いわゆるクーデターです。

かつて松前藩は、アイヌの指導者シャクシャインを、酒に毒を盛って謀殺しました。

実に卑劣ですが、もし、あなたの上司が、本当にひどい暴君であれば話は別です。

かといって、酒に毒を盛ってはいけません。

清武さんのように、正攻法でいこうとしてもいけません。

ここは、合法的に、かつ平和的に、あなたの社内事情に沿った形で、無血革命を目指しましょう。

(ヒント:水)

 

 

無礼講ときいて、リミッターが完全に外れてしまうのは大人のお花見ではありません。

その状況を最大限に活用して、冷徹に事を進めて、花粉に負けず楽しい春を迎えてください。

 

(楽しそうな画像: http://www.asahi-net.or.jp/~fa6t-kns/free-a1.html 様より)

 

クズコンバレーでは、書き手さん、その他、協力者を募集しております。お気軽にお声がけください。

 

■クズコンバレー Facebookページ Kuzbook

https://www.facebook.com/kuzcon

 

■クズコンバレー Twitterアカウント @kuzcon

https://twitter.com/kuzcon


カテゴリー: カス, 知恵 タグ: パーマリンク