【超グルメ】年越しそばを新年に食べるべき3つの理由


1289-2008-hokkaido-8

 

年末とはとにかくバタバタしていて、年越しソバを食べそこなう人も多いのではないでしょうか。

用意していたのに、食べる暇がなかった、カウントダウン待ち合わせに寝過ごして、おそばに間に合わなかった。そんな声がきこえてくるのも、この時期です。

 

そんな、年末に年越しそばを食べそこねたあなたに朗報です。

 

 

1. 新年に食べてもおいしい

 

腐っても、そば。ナタデココやペンネなどの猛攻をしのぎ、大昔から、日本の食文化として定着してきただけのことはあり、そばはおいしいです。

つまり、年末を逃したところで、そばの価値がなくなるわけではないのです。そこは、つい見落としがちです。

 

 

2. 末永くという願いならば、新年こそふさわしい。

 

「細く長く達者に暮らせることを願う」が、年越し蕎麦の由来とされています。

であれば、年末に食べたのでは、途中で噛みきってしまうように、年を越すことで、細く長くが途切れてしまいます。

本当に、一年間、細く長く暮らしたいのであれば、年始にこそ食べるべきなことは明らかです。伝統主義に陥っては、縁起をかつぐことも意味がなくなります。

 

 

3. 残り物には福がある

 

とはいえ、年末に多くのお客が来るので、そば屋さんも、スーパーも、そばを大量に用意します。ここが盲点。

 

年を越してしまうと、移り気な日本人の関心はモチへと移行します。

そば屋さんとしては、正月休みにも使えない、この蕎麦とてんぷらを在庫としてかかえたくないので、少しおまけしてくれる可能性が一気に増します。

 

ここを狙っていけば、普段の値段で、お得にそばを頂くことができるようになります。

冬とはサバイバルの季節。同じコストで、より多くのミネラル分を得られた者が生存します。

 

 

たかがソバ、されど蕎麦。

年末に食べられなかったからといって、落ち込むことはありません。

年始に、初日の出を浴びながらすする蕎麦もまた、オツなものです。

 

 

1. 新年に食べてもおいしい

 

腐っても、そば。ナタデココやペンネなどの猛攻をしのぎ、大昔から、日本の食文化として定着してきただけのことはあり、そばはおいしいです。

つまり、年末を逃したところで、そばの価値がなくなるわけではないのです。そこは、つい見落としがちです。

 

 

2. 末永くという願いならば、新年こそふさわしい。

 

「細く長く達者に暮らせることを願う」が、年越し蕎麦の由来とされています。

であれば、年末に食べたのでは、途中で噛みきってしまうように、年を越すことで、細く長くが途切れてしまいます。

本当に、一年間、細く長く暮らしたいのであれば、年始にこそ食べるべきなことは明らかです。伝統主義に陥っては、縁起をかつぐことも意味がなくなります。

 

 

3. 残り物には福がある

 

とはいえ、年末に多くのお客が来るので、そば屋さんも、スーパーも、そばを大量に用意します。ここが盲点。

 

年を越してしまうと、移り気な日本人の関心はモチへと移行します。

そば屋さんとしては、正月休みにも使えない、この蕎麦とてんぷらを在庫としてかかえたくないので、少しおまけしてくれる可能性が一気に増します。

 

ここを狙っていけば、普段の値段で、お得にそばを頂くことができるようになります。

冬とはサバイバルの季節。同じコストで、より多くのミネラル分を得られた者が生存します。

 

 

たかがソバ、されど蕎麦。

年末に食べられなかったからといって、落ち込むことはありません。

年始に、初日の出を浴びながらすする蕎麦もまた、オツなものです。

 

クズコンバレーでは、書き手さん、その他、協力者を募集しております。お気軽にお声がけください。

 

■クズコンバレー Facebookページ Kuzbook

https://www.facebook.com/kuzcon

 

■クズコンバレー Twitterアカウント @kuzcon

https://twitter.com/kuzcon


カテゴリー: 知恵 パーマリンク