【年末進行】今年も、そろそろ本気を出す6つのコツ


P10306157
 

三つ子の魂、百まで。
夏休みの宿題をギリギリまでやらない人は、きっと社会人になっても、様々な案件をギリギリまで伸ばすもの。

そんな人でも、本気を出さねばならないのがこの年末。
まわりの皆が帰省している中、まだ机に向かって途方に暮れている方もいるのではないでしょうか。
今年もあと2日となった今、今年の本気をそろそろ出さないと出し場所がない、という焦りの声を方々で耳にします。

そろそろ本気を出すにも、コツは要ります。
以下、情報の波の中から、今年もそろそろ本気を出すためのコツを8つにまとめました。

 

1.あと2日なんだから、と言い聞かせる。

365日のうち、2日くらいがんばろう、と、自分の心を奮起させます。

半永久的に本気を出そうというと無理が生じますので、この「期間限定」感が、脳下垂体を刺激するかもしれません。

 

2.本気を出した自分をリアルにイメージする。

 

360日以上は本気を出していないあなたは、車で言うとバッテリー切れの可能性があります。
いきなり本気を出そうとしても、それはキーを回して必死でエンジンをかけようとしているに過ぎません。バッテリーを暖めるため、ゆっくりアクション映画などを見て、自分の活躍を重ねてイメージすることも効果的です。

 

3.そもそも本気なんかあったのか?と自問する

一年、本気を出せていないということは、あなたとは、そもそもその程度である可能性が非常に高いのも事実です。
いま一度、本気になったら解決するのか?という立脚点を疑ってみるのも、思索として効果的です。これが自分の本気なんだと気づいたとき、悩みから解放されます。

 

4.本気を出すことのデメリットを考える

自分が本気を出してしまうことのデメリットも考えなければなりません。
帰省している仕事仲間が、肩身の狭い思いをするかもしれません。
いっそ、自分も本気を鞘に収めることで、平和的解決が見えてくることもあります。

 

5.来年に期待する

今年が終わったからといって、全てが終わるわけではありません。
来年に向け、鋭気を養うのも、じゅうぶん、本気のうちのひとつです。そう考えれば、この記事を読んでいるあなたはもうじゅうぶん、本気になっているのです。

 

6.旧正月に乗る

中国などでは、日本でいう旧暦なので、お正月は2月になります。
脱亜入欧主義から、安易に西暦に乗ってしまったことで日本が失ったアイデンティティを、中国は長い視点で守っているとも言えます。
そんな中国に敬意を評し、2月を正月とすることで、あと2ヶ月、本気を熟成させることが可能になります。

 

まとめ

いかがでしたでしょうか。
ただ闇雲に、「本気を出そう!」と思っていた方も、一歩ひいて分析してみると、このような本気の出し方があります。

残らず実践して、良いお年をお迎えください。

1.あと2日なんだから、と言い聞かせる。

365日のうち、2日くらいがんばろう、と、自分の心を奮起させます。

半永久的に本気を出そうというと無理が生じますので、この「期間限定」感が、脳下垂体を刺激するかもしれません。

 

2.本気を出した自分をリアルにイメージする。

 

360日以上は本気を出していないあなたは、車で言うとバッテリー切れの可能性があります。
いきなり本気を出そうとしても、それはキーを回して必死でエンジンをかけようとしているに過ぎません。バッテリーを暖めるため、ゆっくりアクション映画などを見て、自分の活躍を重ねてイメージすることも効果的です。

 

3.そもそも本気なんかあったのか?と自問する

一年、本気を出せていないということは、あなたとは、そもそもその程度である可能性が非常に高いのも事実です。
いま一度、本気になったら解決するのか?という立脚点を疑ってみるのも、思索として効果的です。これが自分の本気なんだと気づいたとき、悩みから解放されます。

 

4.本気を出すことのデメリットを考える

自分が本気を出してしまうことのデメリットも考えなければなりません。
帰省している仕事仲間が、肩身の狭い思いをするかもしれません。
いっそ、自分も本気を鞘に収めることで、平和的解決が見えてくることもあります。

 

5.来年に期待する

今年が終わったからといって、全てが終わるわけではありません。
来年に向け、鋭気を養うのも、じゅうぶん、本気のうちのひとつです。そう考えれば、この記事を読んでいるあなたはもうじゅうぶん、本気になっているのです。

 

6.旧正月に乗る

中国などでは、日本でいう旧暦なので、お正月は2月になります。
脱亜入欧主義から、安易に西暦に乗ってしまったことで日本が失ったアイデンティティを、中国は長い視点で守っているとも言えます。
そんな中国に敬意を評し、2月を正月とすることで、あと2ヶ月、本気を熟成させることが可能になります。

 

まとめ

いかがでしたでしょうか。
ただ闇雲に、「本気を出そう!」と思っていた方も、一歩ひいて分析してみると、このような本気の出し方があります。

残らず実践して、良いお年をお迎えください。

 

クズコンバレーでは、書き手さん、その他、協力者を募集しております。お気軽にお声がけください。

 

■クズコンバレー Facebookページ Kuzbook

https://www.facebook.com/kuzcon

 

■クズコンバレー Twitterアカウント @kuzcon

https://twitter.com/kuzcon


カテゴリー: 年末進行 パーマリンク